2010年02月04日

家宅捜索で容疑者が自殺未遂=護送責任者ら処分−北海道警(時事通信)

 北海道警が逮捕した容疑者を家宅捜索に立ち会わせた際、ナイフで自殺未遂を図られたとして、道警は3日、容疑者護送の責任者だった函館方面本部の警察署の50代男性警部を戒告処分とした。捜索を監督した40代の警部補も所属長注意とした。
 道警によると、2009年7月、事件で逮捕した容疑者の男の自宅を本人立ち会いで家宅捜索した際、居間の棚に置いてあったハンティングナイフを男が手に取り、自分の首に当てた。すぐに現場にいた捜査員が取り押さえたが、男は指に軽傷を負ったという。
 道警の規則では、家宅捜索などでの容疑者護送は複数の警察官で当たることが定められていたが、今回処分を受けた警部は人手不足を理由に1人で行わせていた。 

【関連ニュース】
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も
「間違いない」容疑認める=知人女が覚せい剤注射
千葉県警警部補を再逮捕=知人女と覚せい剤使用容疑
トイレ盗撮で警部補逮捕=大みそか、病院内で

<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)
高速道路無料化、30でも35でもない週明け発表(レスポンス)
<毎日写真コンテスト>東京で表彰式(毎日新聞)
女性死亡で押尾容疑者を起訴=保護責任者遺棄−裁判員裁判に・東京地検(時事通信)
信者暴行容疑 韓国籍の61歳牧師を逮捕 茨城県警(毎日新聞)
posted by アサバ シゲノリ at 04:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。