2010年04月06日

懲戒処分は757人=09年の国家公務員−人事院(時事通信)

 人事院は30日、2009年に懲戒処分を受けた一般職国家公務員は757人だったと発表した。就業時間中に違法な組合活動に携わるヤミ専従により、農林水産省での処分数が増加したため、全体でも前年比164人増となった。
 省庁ごとの処分者数は、農水省が370人で最も多く、法務省93人、国土交通省62人、国税庁52人、厚生労働省41人と続く。
 処分内容別では、最も重い免職が34人。このほか停職が102人、減給322人、戒告299人となっている。 

【関連ニュース】
国家公務員再就職で調査=総務相
民間38人、官僚OB6人起用=第2弾の独法役員公募
警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い
元社保庁職員に逆転無罪=「機関紙配布、処罰は違憲」
役員から国会議員一掃=国保中央会

<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
<普天間移設>米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」(毎日新聞)
生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)
<首相・閣僚会見>(1)開放機運広がる 回数減らす動きも(毎日新聞)
posted by アサバ シゲノリ at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。